YAMAHA YB125SP

はじめに

YB125SPは、YAMAHAが中国向けに製造していた、SR400に似たデザインの125ccのバイクです。私が普通二輪免許を取ってから初めて買ったバイクです。

教習所に通い始める前は、レトロなデザインに惚れてSR400を買おうと思っていましたが、教習所で何度か立ちゴケをして400ccはでかいと思ったり、車検や駐輪場代などで維持費が高いと思ったりで、125ccがいいと思うようになりました。SR400に似たデザインで125ccのYB125SPは、私にぴったりでした。

本当は新車で買いたかったんですが、既に生産終了しており、教習所に通っている時に在庫が無くなってしまいました。新車で買えるSUZUKI GN125Hと迷ったんですが、バイク屋で実車を見た時にYB125SPの方がかっこよかったので、中古で買っちゃいました。

感想

パワー

思っていたよりパワフルでした。頑張らないと車の流れについていけないかな?と思っていましたが、結構余裕があります。キツめの上り坂でも加速してくれますし、一般道しか走らないなら125ccで十分だと思いました。

シフトインジケーター

シフトインジケーターが便利です。初心者で今何速に入っているかわからなくなることがあるので、あると安心感があります。

あと、停まっている時はギアが入りにくいです。久しぶりの公道で、信号待ちでニュートラルから1速にも2速にも入らなくなって焦りました。クラッチを握り直してあげると入りやすくなる気がします。

始動性

始動性は思っていたよりいいです。キャブ車なのでチョークが付いていますが、2月の寒い日でも使わないで始動できています。

ちなみに、始動はセルのみです。残念ながらSR400のようにキックは付いていないです。

フューエルコック

キャブ車なのでフューエルコックが付いています。負圧式(エンジンがかかっている時だけガソリンが流れる)ではないので、ONにしたままにしておくとオーバーフローしてガソリンが漏れるらしいです。家に戻ってきたら毎回OFFにしています。

シフトペダル

シフトペダルはシーソー式です。シーソー式ですが、一般的なペダルと同じように、後側は使わずに前側だけ使っています。ステップからペダルまでの間隔が短いらしいですが、あまり気にせずに使えています。

おわりに

初めてのバイクです。YB125SPでツーリングで行った場所などをこれから記事にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です